資産運用

お札を握る手class=

投資用物件を探す際に役立つツールは不動産屋の担当者です。
インターネット上にも多くの情報がありますが、このツールに勝るところはありません。
なぜならば、インターネット上に物件情報を流すのは不動産屋の担当者だからです。
つまり、インターネットで一般公開してしまうか、自分のお店の店頭先でのみ情報を公開するかの選択権を持っているのです。
インターネットに公開することは無料ではありません。
しかも、詳細を記載しなければならないなどの手間がかかります。
このような手間をかけてまで、インターネットで一般公開するのはその物件が店頭で売買することが難しいからです。
手間をかけずに売れる物件であれば、わざわざインターネットに掲載せずに売買手数料を稼げます。

これからもインターネットには多くの投資物件情報が掲載されていくものと予想されます。
しかし、やはりお宝物件は不動産屋の担当者が持つことになります。
いくらインターネットにおける情報公開の手間が簡便になっても、そこに何かしらの作業は必要になるからです。
また、インターネットに公開することは他の不動産会社にも情報を与えてしまうことになるからです。
もしも、情報収集の時間がないようであれば、上場不動産投資信託という金融商品に手を付けてみるのも良いです。
この金融商品はプロが運営しており、しかもスポンサー企業と太いパイプを持っているため優良物件情報が集まってきています。
上場不動産投資信託を保有していれば労せずして優良物件に投資をしている可能性が高いというわけです。